鵜飼観覧船造船所

昔ながらの伝統的な和船・鵜飼観覧船の造船所です。市営の造船所は全国で唯一であり、間近で木造船の建造段階を見学することができます。
観覧船には設計図面は無く、経験豊かな船大工の匠の技で建造されています。観覧船1隻の完成には約半年間かかります。また、造船所内には、鵜匠が実際に使用していた鵜舟も展示されています。

所在地

岐阜市湊町391

見学時間

9:00〜16:00
年末年始の休みは除く。詳しくは鵜飼観覧船事務所にお尋ねください。

見学料

無料

問い合わせ先

鵜飼観覧船事務所
058-262-0104

アクセス
〔公共交通機関〕

JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から岐阜バス「高富行き」「市内ループ線左回り」など長良橋経由路線で20分片道210円。バス停「長良橋」下車、徒歩1分ほど。

〔マイカー〕

(1)東海北陸自動車道岐阜各務原I.Cから国道21号、156号を北進、岩戸トンネル出口を左折、鵜飼い大橋手前を左折、金華山トンネルを出てすぐ岐阜公園堤外駐車場(1回300円)。徒歩5分ほど。

(2)東海北陸自動車道一宮木曽川I.Cまたは名古屋高速一宮東I.Cから国道22号、156号を北進、岩戸トンネル出口を左折、鵜飼い大橋手前を左折、金華山トンネルを出てすぐ岐阜公園堤外駐車場(1回300円)。徒歩5分ほど。

※長良橋南行き方面から鵜飼観覧船事務所方面は右折禁止です。交通規制に従って通行ください。

※土・日・祝日は金華山トンネル西側出口から堤外駐車場へは右折禁止ですので、ご注意ください。

造船所

造船所

観覧船ができるまで

1.船材には高野槇を使用

2.製材

3.釘打ち

4.船底建造

5.船体建造

6.手すり建造

7.屋形を乗せ完成